題名  日本の医療システム−−−アメリカ医療改革のモデル
TITLE Japanese health care system:A model for American Reform?
発表機関 US-Japan Comparative Health Policy Symposium sponsored by Japan-American Society
 開催地 Bellevue, Washington, US   92年10月
要旨  ウィリアム・ステズリック阪大客員教授と共に深刻な医療危機に直面する米国の医療改革を討議するため、ワシントン州医師会、病院会、保険者団体らと共に、日米比較を中心に討議を行った。医師会代表からは日本の医師所得に強い関心が寄せられた。

 日本の医療保障の現状
TITLE Japan's health care financing and provision
発表機関
公表
Fact finding mission of State Legislators of the 13 Western States on health care system
 開催地 名古屋市92年11月
調査報告書93年3
要旨  ブッシュ落選の一因となるほど深刻化する医療危機の打開策を探るため海外聞聴に来日した西部13州議会議員団(超党派)と、質疑応答を行った。クリントン当選の直後であり、改革における州政府のイニシアティブのあり方について関心が集まった。

題名 日英の医療システムと21世紀の高齢化社会への対策
TITLE The two health care systems and the challenges of the 21st century---the pace of ageing, health care financing, recent trend of health care facility development, utilization of pharmaceuticals and quality of the elderly care
発表機関 The 1st UK-Japan Health Policy Conference
 開催地 Oxford, UK 94年9月
Oxford University Nissan Japan Institute94年9月
要旨  財源や医療供給の面で正反対に近い日英両国の医療システムが急速な高齢化にどう対応するか、のテーマにつき、定額制導入やゴールドプランなどの日本の一連の対策を述べた。グレイ氏はNHS改革に伴って新設されたシンクタンクの長として一層の交流を求めた

題名  医療の非営利性と医師所有の原則−−医療者と経営者とのジレンマに立たされる日本の医師
TITLE   Physician ownership and the prohibition against for profit" firms: A dilemma in Japan's health care system in which physicians are caught between their fiduciary role to the patients and the role as owners and managers 
発表機関
公表誌
The 122nd American Public Health Association
 開催地 WashingtonDC, US     94年11月
演題抄録    177頁
American Public Health Association  94年11月
要旨  欧米では患者に対する誠実な職務を守るためにも医師が医療機関の所有者や出資者となることは倫理に反するとされるのに対し、日本の医療法は対照的に医療機関の所有者を医師に限定し、患者への誠実性と経営責任との間に苛まれる日本の医師のあり方を報告した

題名 日本の地域保健と公衆衛生、医療費審査支払システムとレセプト電算化の状況
TITLE Japan's public health and regional health system, health care cost review and payment mecahnism, and its advancement in electonic clamis processing
発表機関
公表誌
Japan-U.S. Health Care Exchange Project
 開催地 京都他94年11月
Report "Balancing Access, Cost and Quality in Health Care: Observations from Japan" May 1995
The Council of State Governments' Midwestern Office (Funded by: The Japan Foundation Center for Global Partnership (Grant No.93 ADD-8066N)
要旨 米国州政府協議会(Council of State Governments, CSG)のコンサルタントとして、中西部13州議会議員の訪日調査団の訪問先の選定と折衝にあたった他、通訳として同行した。京都において表記テーマで講演した。

題名  医療保険と医療サービス供給の統合の重要性
(JICAタイ公衆衛生プロジェクトセミナー)
TITLE   Make economic incentives work---Integration of health insurance system and health service providers---A policy paper presented at JICA-Thai Community Health Project Seminar on Health System Research
発表機関
公表誌
JICA-THAI Community Health Project Seminar on HealthSystem Research
 開催地 コンケン県、タイ国     95年3月
報告書 
Japan International Cooperation Agency 95年3月
要旨  JICAタイ公衆衛生プロジェクトの短期専門家として1週間タイ農村部の保健所活動および医療保険拡大について、現地のスタッフと共に調査を行った。また表記セミナーにおいて医療費支払と医療供給とを結合させたHMOメカニズムの重要性を説いた。

題名 傷病マグニチュード按分(PDM)法によるレセプト傷病分類
TITLE Proporational Disease Magnitude (PDM) Method for the Estimation of Disease-specific Health Care Cost Using Health Insurance Claims
発表機関 第12回Association for Health Service Research
 開催地 Chicago            95年6月
学会抄録                 148頁
Association for Health Service Research
要旨  レセプトの傷病統計は、これまで任意に一つの主傷病名を選択することで傷病分類が行なわれてきたため再現性と客観性に乏しかった。そこで患者調査から得られる当該傷病名が主傷病になる確率を加味した指標によって全点数を按分する分類法を提唱した。

題名  日本医療の「法人化」−−−問われる医療非営利の原則
TITLE   Corporatization of Japan's health care---Is nonprofit" principle in jeopardy?:Japan's health service act prohibits distributing profit as dividends, but medical corporations outwit this princple by accumulating capital gains
発表機関公表誌  The 123rd American Public Health Association
 開催地 SanDiego, US        95年10月
演題抄録                 391頁
American Public Health Association  95年10月
要旨  日本の医療法は非営利原則をたてまえとし、医業利益を出資者に配当することを禁じている。しかしながら医療法人は「持ち分」という形のキャピタルゲインを可能にしており、近年の一人医療法人の急増でこれまでの非営利原則がなし崩しになりつつあると指摘。

 臨床治験をめぐる法的倫理的課題
英文  Ethical and legal issues on clinical trials in Japan---Informed consents of human subjects and physicians' conflicts of interest as seen in two recent scandals involving clinical trials of new drugs: Lacidipine case and Sorivudine case,
発表機関公表誌  The 123rd American Public Health Association
 開催地 SanDiego, US        95年10月
演題抄録                 221頁
American Public Health Association  95年10月
要旨  日本の新薬臨床治験におけるGCPガイドラインの遵守状況を、ソリブジン(抗癌剤との相互作用により16人が死亡。医師による株インサイダー取引)およびラシジピン(英グラクソ社の降圧剤をめぐる汚職)の2事例から法的倫理的視点を中心に考察した。

 日英両国の公衆衛生サービス
英文  Public health services in United Kingdom and Japan---The 2nd UK-Japan health policy conference sponsored by Kwansei Gakuin University School of Policy Studies, co-sponsored by the Nissan Institute and Oxford University.
発表機関 The 2nd UK-Japan Health Policy Conference
 開催地 三田市           95年11月
掲載誌Journal of Policy Studies (Kwansei Gakuin University) Vol.2, "How Japan will cope with aging society?"
要旨  オックスフォードで開催された日英医療政策カンファレンスの第2回において座長をつとめた。今年は両国の公衆衛生活動と予防医学サービスに焦点をあて、これまでの発展の歴史と今後強化してゆくべきサービスや活動の内容について論じあった。

題名 老人人口当たり白内障手術実施率への自己負担の影響
英文 Effects of Insurance Coverage on Cataract Surgery for Elderly Population---Determent or Deferment? [An empirical analysis on the rate of cataract surgery on elderly population before and after inclusion of IOL into insurance coverage]
発表機関公表誌  The inaugural Conference of International Health Economics Association(IHEA)
 開催地 Vancouver, CANADA       96年5月
演題抄録                  122頁International Health Economics Associati96年5月
要旨  白内障手術のような選択的手術の実施率は救命手術と異なり、保険給付によって大きく変動する。92年の眼内レンズの保険適用の前後を比較すると、およそ14%に「買い控え」と「買い走り」が観察された。しかし長期的な増加傾向にはほとんど影響は無かった。

題名 レセプトによる被保険者集団の疾病別医療費分析−−PDM法と「主傷病名法」との比較検討
英文 Estimating Disease Specific Cost of an Insured Population using Health Insurance Claims---Verification of Proporational Disease Magnitude(PDM) method against the traditional subjective judgement of primary diagnoses"
発表機関
公表誌
The 2nd UK-Japan Epidemiolgy Seminar
 開催地 大阪             96年8月
セミナーテキスト         285〜288頁
日本疫学会               96年8月
要旨  レセプトより集団の疾病別医療費を推計することを目的として傷病マグニチュード按分(PDM)法を発案した。某市の国保レセプトを用いて、PDM法と三人の医師による従来の主傷病名分類法とを同時に試み、新法による分類法の妥当性を評価検討した。

題名 パターナリズムから消費者主権へ−−−患者の参加意識の高まりとそれがもたらすインパクト
英文 From Paternalism to Consumerism: Challenges of Patients' Growing Participation and Implications for the future
発表機関
公表誌
The 3rd International Conference of Health Behavioral Science
 開催地 東京             96年9月
抄録                    48頁
要旨  上記学会総会の「各国の保健医療福祉システム」と題するサテライトシンポジウムにおいて、米国、インド、タイ、ナイジェリアのシンポジストとともに分担。直前に下されたレセプト開示を求める高裁判決を引用し情報開示と患者の参加意識の高揚を報告。

題名  在宅要介護老人の訪問看護・リハビリテーションサービスの需要推計
英文   Need Assesment of Visiting Nursing and Rehabilitation Services for Non-institutionalized Elderly---Presentation for the first International Investigator Award for Research in Aging and Disability
発表機関
公表誌
The 124th American Public Health Association
 開催地 NewYork           96年11月
演題抄録464頁
American Public Health Association96年11月
要旨  介護保険の創設により開始される在宅要介護高齢者に対する訪問看護など各種在宅サービスの潜在需要をADLをキーとして国民生活基礎調査や訪問看護ステーション調査より全国推計した。アメリカ公衆衛生学会老年分科会の国際研究者賞受賞講演。

題名 日本の母子保健指標−−−周産期死亡・妊産婦死亡統計の再検討
英文 Japan's Maternal and Child Health indices---A critical review on perinatal death and maternity mortality (presentation before the delegation of U.S. Southern States' Legislators on Infant Mortality Project)
発表機関
公表誌
Fact finding mission of Southern US State Legislators on infant mortality project
 開催地 東京
Council of State Governments     96年12月
要旨  日本の周産期死亡率では後期死産の割合が他の国より相対的に大きい点、妊産婦死亡についても統計上は妊産婦死亡ゼロとされる都道府県において妊産婦死亡をめぐる医事紛争が少なくとも4件確認されている点を分析し、統計解釈上の留意点をレクチャー。

題名 慢性疾患の増大と保健医療費への長期的影響−−−ウイルス肝炎及び老年痴呆を中心に
英文  Japan Disease and Economic Forecast(JDEF) Study;Vol.II---Hepatitis B and C Virus-Related Diseases (An international collaborative project with Nikkei Disease Prevention Center in Seattle, Washington)
発表機関
公表誌
Symposium sponsored by Pharmaceutical Manufacturers and Research Association
 開催地 東京97年1月
Pharmaceutical Manufacturers Association97年1月
要旨  96年8月に日系疾病予防センターより刊行した「日本における疾病の将来予測と医療経済予測に関する研究(JDEF)」のうちB・C型肝炎と老年痴呆を詳説した。肝炎についてはワクチンによる予防とインターフェロンによる治療の費用対効果を比較。

集団健診における眼底検査の意義
英文 Validity of fundoscopic exams for mass screening programs:A comparison of sensitivity and specificity of subjective judgement of fundoscopic pictures between two doctors and evaluation of the chance adjusted agreement between them.
発表機関
公表誌
4th International Conference on Preventive Cardiology
開催地 Montreal, CANADA97年6月
Canadian Journal of Cardiology13巻B号243頁
 PULSUS社発行97年6月
要旨  集団健診における眼底検査の有効性・有用性を評価するため、内科医と眼科医とが別個に眼底写真を判定し、それぞれの鋭敏度・特異度および偶然を補正した両者の一致度(カッパ値)を測定した。集団健診での眼底検査の価値はあまり高くないと結論した。

題名  日本の地域ケアと介護保険法−−−イギリスの90年地域ケア法との対比
英文 Community care issues in Japan: A close look at the Long Term Care Insurance Bill of 1997 and a comparative analysis with UK Community Care Act of 1990
発表機関
公表誌
The 125th American Public Health Association
 開催地 Indianapolis, US 97年11月
演題抄録205頁
American Public Health Association  97年11月
要旨 地域ケアとその財源をめぐって、社会保険方式を選択した日本の実情と介護保険法の概要を、租税方式に依存するイギリスの90年地域ケア法と対比しつつ詳説した。アメリカ公衆衛生学会老年学セクションの国際シンポジウム。

題名 日米における医師の利害衝突
英文 Physicians Conflicts of Interest
発表機関
公表誌
The 125th American Public Health Association
 開催地 Indianapolis, US 97年11月
演題抄録205頁
American Public Health Association  97年11月
要旨

題名 在宅要介護者数推計における自己評価と専門家による評価との間の一致度
TITLE Agreement between self-reporting and professional assessment for estimating the number of noninstitutionalized elderly
発表機関
公表誌
The 126th annual meeting of American Public Health Association
 開催地 Washington, DC98年11月
抄録集184頁
アメリカ公衆衛生学会98年11月
要旨 老人保健福祉計画策定のため日本では92年に全国の市町村で在宅要介護者数を推計する一斉調査が行われた。また同年6月には自記式アンケートによる国民生活基礎調査が行なわたため両者の一致度を評価した。自己評価でも専門家による評価とよく一致した。

題名  医療機関に対する法的規制と行政による監督−安田病院事件を契機とした日本の政策転換
TITLE Regulation and its enforcement on health care institutions: Policy changes in Japan in the Wake of "Yasuda Hospital" case
発表機関
公表誌
The 126th annual meeting of American Public Health Association
 開催地 Washington,DC98年11月
抄録集148頁
アメリカ公衆衛生学会 98年11月
要旨 日本における医療機関に対する法的規制と行政による監督について解説し「安田病院」事件を契機に、たとえば医療監視を抜き打ちで行えるようされたことや職員数の水増しを防止するため系列病院は同時に行うようにした等一連の政策転換について述べた。
BACK
BACK to TOP
GO to CareManager.Net